不快に思われないための汗対策

男性が汗をかきやすい事は女性もよく分かっていることですが、その汗に対して何も対策をしていないと、あまりマナーやエチケットをわかっていない失礼な人だと判断されてしまう場合があります。
簡単にできる汗対策を取り入れて、最低限のエチケットを守るようにしましょう。

女性は男性のニオイに敏感!

女性が男性の汗に対して不快に思う主な原因のひとつが「臭い」です。

汗をかいている様子は視線を外せば見ずにすみますが、臭いは同じ空間にいるかぎり気になるものなので特に対策が必要です。

ラーメンや焼き肉などの脂っこいものを好み、運動の習慣の無い方は特に臭いがひどい場合があります。ジトーとした汗は冬でもかくことが多いですし、蒸れてしまうと、ますますイヤな臭いになっていきます。

1番簡単にできる汗の臭い対策は「匂い付きのデオドラントスプレー」を使うことです。
男性用の商品もたくさん売られているのですが、汗の臭いと混ざって変な臭いになってしまわないよう、なるべくミント系や柑橘系の匂いの商品を選ぶことをおすすめします。

香水を使うよりも汗の臭いには有効です。

香水

汗が服に張り付いている様子もNG

臭いのほかにも、洋服が汗で濡れていて張り付いてしまっているようなことも女性は不快に感じるでしょう。

サラリーマンの方は特にそうですが、夏でもジャケットを着なければならない方が多いので、シャツがビショビショになってしまっているのです。

電車や会社でジャケットを脱いだ時に、ピターっとシャツが体に張り付いて、透けていたりしていると、少し距離をとってしまう女性も多いでしょう。

暑いと思う日でもあえて、シャツの下に下着をしっかり着こむことで、汗が吸収され体が透けにくくなります。

汗ベトベトNG

速乾性のある下着とシャツを着るようにしましょう。
また、ワキの汗ジミなども不快に思う女性が多いので、冬でもなるべくネイビーやグレーの服装は着ないようにしましょう。
どうしても着たいという方は、クリームタイプの汗対策用の商品を塗ったり、汗を吸収するパッドを服に貼るといいと思います。

Comments are closed.